人材紹介をする企業においては

よくある会社説明会とは、企業の側が催す就職ガイダンスのことで、別名セミナーとも言われます。希望する生徒達や転職希望者を集めて、会社の概観や募集の主意などを情報開示するというようなことが普通です。
「文房具を携行するように。」と記載されているのなら、記述試験の可能性がありうるし、「懇親会」と記述があるなら、グループに別れてのディスカッションが手がけられることが多いです。
アルバイト・派遣社員として生育した「職歴」を下げて、会社に面接を何度も受けに行くべきです。最後には、就職も出会いの要因が強いので、面接をたっぷり受けるしかありません。
多くの場合就職試験の日までに出題傾向を専門誌などで先に情報収集して、確実に対策を練っておくことが重要。そういうことなので多様な就職試験の概要や試験対策についてお話します。
外国企業のオフィス環境で希求される業務上のマナーや技術は、日本人ビジネスマンとして希求される挙動やビジネス履歴の水準を決定的に凌駕しています。

現実に私自身を成長させてキャリアを積みたい。これまで以上に上昇することができる働き場にたどり着きたい、。そんな申し入れをしょっちゅう耳にします。このままでは向上できないことを発見して転職しようと考える方が多数いるのです。
人材紹介をする企業においては、クライアント企業に紹介した人が予定していない期間で離職してしまうなどマッチングの失敗によって、成績が悪くなるから、企業の長所、短所どちらも正直に伝えているのだ。
やりたい仕事やゴールの姿を目標とした商売替えもありますが、勤めている所の事情や生活環境などの外的な素因により、転身しなければならないこともあるかと思います。
就職面接試験の場で緊張せずに最後まで答えるということができるようになるためには、よっぽどの経験がどうしても不可欠なのです。だけど、本当に面接選考の場数をまだ踏んでいないときには誰でも緊張するものだ。
現段階で、就業のための活動をしている会社というのが、はなから第一希望の企業でないために、志望理由そのものが記述できない不安を訴える人が、この頃はとても多いと言えます。

具体的に言えば事務とは無関係な運送の仕事などの面接試験を受ける場合、いくら簿記の1級の資格を取っていることを伝えてもまるっきり評価の対象にならない。事務職の面接の場合であれば、高い能力がある人材として評価してもらえる。
現在の仕事をやめるまでの覚悟はないけど、どうにかしてもっと月収を増加させたいのだ際は、資格取得というのも有効なやり方と考えられます。
心から楽しく業務に就いてもらいたい、ごく僅かでも良い給与条件を認めてやりたい、見込まれる能力を発揮させてあげたい、もっと成長させてあげたいと会社の方でも考えていることでしょう。
意外なものとして大学を卒業時に、新卒から外資系企業を目指す人もいないわけではないが、実際のところ大概は、日本企業で採用されて実績を作ってから、早くても30歳前後で外資系企業に転職というパターンの方が多いのだ。
第二新卒については、「一旦就職したけれど3年以内に離職してしまった若年の求職者」のことを表します。ここにきて数年程度という早期退職者が目に余るようになってきたので、この名称が現れてきたのだと思います。

娘の成長

高校受験を控えた子供がいる秋は、嫌なものです。
推薦を決めた子が出てくるいっぽうで、塾でも学校でもいよいよ志望校をきめて「受験を勝ち抜くぞ!」的な雰囲気が高まってきて。

うちの中3の娘も、最初のころはのんびり屋でそれが不安でしたが、今度は急に口数も少なくなってきて、それでいてなんだかいらついている様子で、見守る親のほうもハラハラしてます。

それでなくても、中3というのは微妙な、難しい年齢ですから。
女の子のこの年齢は父親となかなかうまくいきません。うちの場合はケンカしたりはしないのですが、娘のほうが露骨に父親を避けているところがあって、それがまた、父親も感づくわけで、なんとなーく父娘がしっくりいかない、間にはいる私も神経を使って疲れる、といった具体です。
そこへもってきて、受験の緊張感ですから、たまったもんじゃないですね。

それでも先輩ママたちの話を総合すると、結局は「受験はゴールがあることだから」ということらしいですね。
最終的には、まぁなんとかかならずどこかへすべりこむことはできるし、進路先がまったく決まらないまま4月を迎えるということはまずない、と言います。
だから、それまでの辛抱だから、あんまり子供とむやみに衝突せず、適当に受け流して時期がすぎれば大丈夫だ、と。

それに女の子は中学生から高校生ぐらいまでは難しいけど、だんだんと父親に対しても再び愛情というか、なつくようにもなるし、大人になるということで、家のことなんかも「嘘みたいによく手伝ってくれるようになるよ」とのこと。

……ほんとうにそんな日がくるんでしょうかねぇ。
むっつり、不機嫌な顔をして、父親にろくに挨拶もしない娘を見ていると心配なのですが。

小さい頃からケガだ風邪だと体調を心配し、口が遅いのではないかと不安になり、学校にはいればはいったで、友達が少ないことに気をもんだりして……。
子供のことは、結局いつまでたっても、不安と不満が消えません。

でも、もしかしたら、結婚して子供がうまれて育てている今だって、私の母から見れば「あの子、大丈夫なのかしら」と心配しているのかもしれませんね。
娘も、まずは心身ともに健やかに育ってくれたことだけでも、親としてよかったと満足するべきなのかもしれません。

公立小学校の越境問題

うちの実家は文京区にあるのですが、母から連絡があり、ちょっと相談したいんだけど、と言うので出かけていきました。
相談ごとというのは、「知り合いの知り合い」から頼まれたということで、実はうちの実家の地域はたいへん有名な公立小学校があります。
この公立小学校は歴史が古く、また公立にしては教育環境が整っており(と言われており)、とにかく人気が高いのです。
ところが当然のことながら公立小学校ですので、学区域という決まりがあります。

相談というのは、その知り合いの知り合い、が、要するに学区域に入るように住所を貸してほしいというような内容でした。
うちにも子供がいるからよく承知していますが、実際に住所を借りてその学区の小学校へ行くというのは現実的にはよくある話です。ただ、そこの学校はとにかく人気があるせいか、昨今ではそうした「住所借り」の人のほうが多いぐらいで、何かと問題になっているらしいのです。昔からそこに住んでいる人と、住所借りをした人との温度差や、地域活動への関心度とか、あるいは学校側としても「いきすぎた」状況での越境による問題とかがあるということでしょうね。

母はその直接の「知り合い」には恩義があるからなるたけ答えてあげたいけれども、「知り合いの知り合い」というダブルの繋がりもちょっとどうかと思うし、実際に煩わしい、という思いもあるようでした。

しかも、知り合いから「その知り合い」からのご挨拶というわけでけっこうな金額のものを渡されてしまった、腐るものではないからお返ししたいと思うが、相手の住所もまだ知らず、返すとなればその「恩義ある知り合い」に渡さなくてはならず気が重い……、というわけです。

母は一人暮らしですから、余計に気が重いのでしょう。
正直、相談されても、母が面倒だと思うなら正直に知り合いに話すしか方法はないでしょうとしか答えようがなかったのですが。

私自身も子供を小学校に通わせるのに、地元の学校のいろんな噂や状況を見たり聞いたりするたびにけっこう迷ったり悩んだりしたものです。それこそ実家に住所を置いて、遠くてもそちらの小学校に通わそうかとも思ったこともありました。ですから、その知り合いの方の気持ちがわからないでもありません。

ただ……、直接ではなく、知り合いを通して2段階というのも気になりますし、そういう金銭的な(直接でなくても)遣り取りがあるというのも気にかかります。

難しいところなのでしょうが、ちょっと「やりすぎ・いきすぎ」かなぁと正直、思いました。公立小学校なのに、「格差がある」現実が一番の問題といったところでしょうか。
いろいろと考えさせられた出来事でした。

卵サンドイッチで思い出す事

新婚時代のことで今でも忘れられないというか、別にたいしたことではないのに、なぜか鮮明に記憶に残っていることがあります。

それは、結婚してほんとに1週間とか、そんな頃でした。
朝食用にわたしは卵サンドイッチを作ったんですね。茹でた固ゆで卵にタマネギのみじんぎり、それをマヨネーズであえて、黒粒胡椒を少々加えたもの、それを四角い普通の食パンにはさんだやつです。ちなみに私は卵サンドイッチが大好物ですから、意気揚々と出しました。

すると夫がひと口食べた後、「へえ、おいしいね」とつぶやき、「でも俺は卵サンドイッチはパンはトーストして、タマネギはいれないで、それで卵はもっとペーストみたくなるぐらいぐちゃぐちゃに混ぜてつぶして、あと少しだけ芥子もいれて」と一気に言ったんですよ。
もうわたし、度肝を抜かれました。たかが卵サンドイッチですし、しかし卵サンドイッチなだけに私が作るものが世間一般でいうところの「定番」だと思ったし、これに何か文句をつけられるとは思ってもいなかっらから、です。

本人いわく「文句じゃない、注文をつけただけ」だそうですが。
若かった新婚のわたしはその後、何かにつけ「へぇ、おいしいね、でも」で始まる夫の「注文」にびびったものです。

夫と私は食べること、飲むことが好きで、結婚するときも「毎日手作りの料理で、おいしいお酒をふたりで飲もうね」みたいな話をして盛り上がったものです。
私なりに料理上手とまでは言わなくても、新婚のヨメにしてはけっこう上出来の料理を作る自信もありました。
でも、「おいしい料理をたのしもうね」という夫と暮らす現実というのはこういうことなのだ、というのが、あの、新婚時代の卵サンドイッチではじめて実感したわけです。

あれから20数年。
私も鍛えられました。もうめったに夫は「へえ、おいしいね、でも」とは言いません。「やっぱり、これがおいしいね」と言うようになりました。
これが結婚生活の積み重ね、歳月というものでしょうか。
今では、タマネギみじんぎりいりの卵サンドイッチを嬉々として食べています。夫もわたしに注文をつけ続けて鍛えつづけましたが、わたしもまた、夫を「慣れ親しませて」変化させたということなのでしょう。

おしゃれなキッチンタイマーありませんか

冷蔵庫に磁石でぺたんとつくタイプのキッチンタイマーが壊れてしまいました。
もともと、ガスオーブンにもタイマーがついていたのですが、それが調子悪くなったのでずいぶん前に購入したものです。
毎日使っているわけでもなかったのですが、いざ壊れてしまうと案外と困ることがわかりました。

とりあえず、自分の携帯電話のタイマー機能を利用して代役をさせているのですが、これはやっぱりちょっと面倒なんですよね。
第一、タイマーつけてる最中に電話があったり、メールがあったりするし。

それで、意外とタイマーをかけるような用事があるんですよ。
まずパスタですね。パスタの茹で時間は必ずタイマーをかけます。時間を覚えておくのもさしたる手間ではないのですが、ところがこのごろは、ボケてきたとは言いませんが、何か別の用事をしていると、ふっと「あれ、15分だったけ、17分だったけ?」と茹ではじめた時間を失念したせいで、何分に茹であがるかを忘れてしまうということがけっこうあるんです。

それから、焼豚とか、わりあいと長時間オーブンで焼くようなやつですね。
厳密な時間の問題ではないとはいえ、長時間なだけに、これもまた、お風呂掃除だ子供の宿題だと見ているうちにハッとして、焼過ぎてしまったりすることがあります。
なので必ずタイマーをかけますね。というか、タイマーをかけることでより「覚える」ということもあるみたいですが。

使っていたタイマーはけっこう探し歩いたもので、なぜかというとキッチンタイマーってわりとデザインがリンゴだったり、クマさんだったり妙なものが多いんですよ。あとは使いづらかったり、時間が見えにくいものとか。
選んだやつは、逆算もできるやつで、つまり10分後、だけでなく、ポチッとすれば、そこから「何分たったか」も見ることができるやつなんです。ストップウォッチみたいにも使えるのも、子供がいる家庭では便利です。それに時間がきたときにピピピとなる音も大きさが3段階に調節できるのも、来客時は小さめとか、お風呂場のほうにいるときは大きめとかできて便利でした。

でもネットで調べてみたらもう廃盤だった……。いいなぁと思うシンプルなものに限って、もう作らなくなったりしてますね。残念です。
またしばらく、キッチンタイマー探しをしなくてはならないようです。

ハタキ活躍中

どこだったか忘れましたが、友達と温泉旅行に行ったとかいう義母が、お土産に「はたき」をくれました……。
って、はたきって、どうなのよ??? と私はちょっと目が点になってましたけどね。どうもなんか、ハタキの柄の部分が竹かなんかで、特産品だったみたいですけど。
このハタキ、いかにも昔風の、布きれを裂いたのがついたあのハタキなんですよ。よくもまぁ、こんなもの特急電車で持ち帰ってきたなぁと妙な感心をしつつ、なにしろ姑からのお土産なのでありがたくいただきましたとも。

ところが、ですね。
このハタキ、使い出したらすごーーーくいいんです!
それまでも化学モップというのですか? ああいうのは使ってました。ぱたぱたはたくと静電気がおきて、ほこりがついたりするやつもね。
でも、ごくごく昔からの普通のハタキ、あれは便利ですよ。
お掃除する前に、とりあえず、このハタキでぱたぱたやっておくわけです。気がついたときに、電灯の上とかね、棚のあたりとかね。すると意外と小さなホコリ、チリがたまっているもんなんですね。それから掃除機をかけるととてもきれいになるんです。
あと、窓のサッシの上とか、ふすまのワク? みたいのとか。

なんといってもハタキがいいのは、手軽なんて、そこらにおいていてチョチョイと手にして、はたくだけですから。
しかも義母がくれたやつは、はたきの布の部分と柄の竹の部分が意外とシンプルで部屋にだしっぱなしでも、逆にスタイリッシュに見えるんですよ。これはちょっとびっくりでしたけど。
ほら、今ってミックススタイル? っていうのかな、北欧とか和風とか、NYスタイルとか、そういうのをいい感じでごちゃ混ぜにしたインテリアが流行ってるじゃないですか。
そういう意味でも、このハタキ、決して悪くないんです。
ソファ横になげにおいていても、なぜか来る人、来る人に「あれ、これハタキ? へー、最近のってなんかかっこいいのね」なんて言われちゃうんですけど、よくよく見ればわかるけど、ごくごく平凡な昔ながらのハタキで、うちにあったやつと違うのは、うちのはなんか、布のところが紅色だったような気が。
それはそれで、もしかしたら置いておいてもキッチュでいいかも。

ともかく、ハタキ、便利です。
化学モップは出しっぱなしにするとどうかと思うけど、ハタキなら案外、そのへんに置いてあっても今や立派なインテリアグッズですよ!

パン屋さんの甘いパン

私はどちらかといえばさほどスィーツにこだわりがないほうで、どこそこに新しいケーキ屋さんがオープンしたとか、なんとかのケーキは並ばないと買えない、とか耳にしてもあまり興味がわきません。
甘いものが嫌いなわけではないのですが、大騒ぎして購入したケーキなんかも、「確かにおいしいけど、自分が1時間並んで買うか」といわれると首をかしげてしまうかんじです。

そんな私ですが、意外とよく買うのがパン屋さんの甘いパン、です。
代表的なのが、パン・オ・ショコラ。ほら、ねじりぼうみたいなパンで、チョコが混じってるやつですね。
まぁ、ごくごく平凡な町のパン屋さんでも必ず売っているやつです。でもあれも、おいしいところのは、パンの小麦の風味はよく、しっとりしていながらチョコの味が濃厚で、あれにブラックコーヒーはわたしのおやつの定番です。
それにパン屋さんには、定番のメロンパンみたいのから、ちょっとしたタルトっぽいものまでありますよね。

パン屋さんのタルトも、けっこう好きです。
高級な果物がちんまりのって、バニラビーンズの香りだかいカスタードの詰まったケーキ屋さんのタルトもおいしいとは思いますが、これまたいいお値段で、ちょっと二の足を踏みます。
でもパン屋さんのタルトは、こってりあんずジャムが詰まっていたり、タルト生地も素朴な甘みで、それがちょうどいいんですよ。

だいたいパン屋さんの甘いパン菓子は、ケーキと比べればだいぶお手頃ですしね。
そしてえてして、ビッグサイズ(笑)
食いしん坊のわたしには、ちまちました、こぎれいな飾りのついているケーキより向いてるんですよ。

最近は、チェーン店系のカフェなんかでも、チョコクロワッサンなんか置いてるとこが増えましたよね。
あれも、おいしい。
それから、サツマイモとか、お豆さんとか、和風の甘い素材を使ったパンも、意外と後をひきます。

問題は、ケーキに比べてパンだからカロリー低いよね、と思いがちだけど、決してそんなことはないってことかも。
おいしいパンはバタもたっぷり、です。ケーキよりはオナカにもたまるし、なんて油断してると、意外と太ります……。

でも、朝食用のパンなんかを買いに行くと、つい、手がでちゃうんですよねぇ。
これからコーヒーいれて、スィートポテトのタルト、食べるとこです♪

大人は香水を楽しむ

この前、銀座にでかけていて夜になってしまった帰り道のことです。上背のある、ぱっと見たところ少々男っぽい、でもボーイッシュな魅力のあふれる30代から40代とおぼしき女性とすれちがったことです。
たまたま、そこは細い路地裏だったんですが、そのとき、ふわっといい香りがしたんですよね。それは、なんていうか、料理とかそういう匂いじゃなくて、あくまで人工的な匂い。

ああ、香水か、と後から気付いたんですよ。
今、香水をつけている人ってあんまりいないでしょう。私も若いときはディオールだシャネルだと香水を集めたり、つけたりもしていましたが、子供がうまれてからはすっかりご無沙汰です。それに今の若い人は、そもそもあんまり香水をつけないですよね。

前はよく、エレベーターなんかで香水のつけすぎの人と一緒になって「香水の付け方をわかってないなぁ」とか思うこともありましたけど。
でも、ひさしぶりにふっとかいだ、香水の香りはとてもいいものでした。それはたぶん、そのつけていた人がとても気を遣って、びしゃびしゃ浴びるようにつけているわけではなく、ちょうどよい案配にしているからでしょうし、また、ちょっと見かけただけの女性ですが、あのボーイッシュな容貌と女性的な香水という組み合わせもとてもよかったような気がします。

香水を上手につけるのはとても難しいことです。特に日本では、あまり香水の魅力というのは語られないですしね。どちらかといえば「石けんの香り」というのが日本人の男性には魅力的にうつるようですし。

だけど、40をすぎてからこそ、香水をたしなむというのも悪くないような気がしてきました。
もちろん、TPOというか、つけすぎないことや、お寿司屋さんなどにつけてはいかないといった最低限のマナーを知った上で、ときにはお気に入りの香水をちょっとだけつけてみる。

香水をつける、という振る舞いそのものがとてもエレガントで、なんとなく、自分自身に「女性」であることを再認識させてくれるような気持ちになれそうです。大人の女性ならではの密やかな楽しみになりそうではありませんか。

今度の休みに、ひさしぶりにデパートへいって、香水をいろいろと試してみてこようかな、と思っています。

トリマーの苦労

ひさしぶりに従姉とランチをしました。私の母の姉の娘ですが、小さい頃は近所に住んでいたこともあってひとりっこの私は姉妹さながら彼女とよく遊んだものです。

彼女も私も結婚して、故郷を離れてからはなかなかチャンスがなかったけれど、風のたよりに、いろいろと事情があって子供に恵まれないこと、彼女がペットのトリマーとして仕事をはじめたことなどは聞いていました。

ひさしぶりなのでランチだけど少々ワインもいただくことに。
そのうちお互い、昔とおなじように打ち解けてあれこれと話をしました。
彼女はずっと子供が欲しかったけどお相手の健康上の問題でそれが難しいこと、それで納得して、はじめはやっぱり慰めのようなつもりで子犬をもらったこと、そのうちペットの飼い方など勉強しはじめ、一生夫婦ふたりで暮らすのならば自分もやりがいのある仕事を持ちたいと考えて、ペットのトリマーの資格をとったこと。
昔から頑張り屋さんの彼女らしい、明確な選択です。

「でもね」
と彼女が笑いながら教えてくれました。最近は本当にペットを可愛がっている人が増えてうれしい反面、ときおり、クレーマーではありませんが、いきすぎぐらいにペットに執着してこちらが困惑することもけっこうあるのだとか。

トリマーという仕事ですから、ワンちゃんをシャンプーし、カットするわけです。これは私も知らなかったのですが、なんとなくトリマーというと犬の美容師さんみたいに思っていたのですが、それよりも大事なのは「犬をきれいにし清潔にし健康の手助け」をすることらしくて、とたとえばきちんと毛並みを整えて、爪を切る事、耳掃除をしたり、歯磨きをすることも大事な仕事のひとつなのだそうです。

で、このごろはその後のワンちゃんの毛のスタイルで、なかには「耳のあたりだけブルーに」とか「グランデーションで」とかいろいろなスタイルのお願いがあるそうなんです。
どちらにせよ、ワンちゃんを一定時間は拘束するというか、おとなしくしてもらってカットするからワンちゃんだって大変なわけですが、これが、ほとんど2~3日おきにやってきて「やっぱりピンクにして」とか「紫のメッシュいれて」とかお願いする飼い主の方がいるらしい。

わんちゃんにオシャレさせて、飼い主さんも楽しく過ごせればもちろんいいのですが、だからといって週に2度も3度もカラーリングしたりするのもどうか……。

かと思えば、「どうもこの子の顔は今ひとつ可愛くないけど、わんちゃんの整形はどこでやってもらえるの」と真顔で聞かれたこともあるんだとか。

あとは耳などにリボンをつけるときも、わんちゃんの種類によってはここにつけないほうがいいとか、ここだと不快感があるということも、たとえそう伝えても、「私が飼い主でママなんだから、あなたは私の言われたとおりにやればいいのよ」と怒鳴られたりもしたことがあるそうです。

どんな仕事でも苦労はつきものですが……、本当にいろいろあるんですね。

節句と言えば…。

5月の節句と言えばやはり男の子がメインの行事だと思いますが。
先日節句と言う事で、恋人のお母さんが私に赤飯を炊いてくれました(^^)

恋人や恋人のお父さんからすると「女の子でしょ?」と思ったそうですが。
とにかくお祝い事は何でもしたいと思っている私には最高の夕食でした♪

ですが、この節句のお祝いをする為の赤飯を作るまでに大変な事がありました。

恋人の家では以前までかなり赤飯を作る事はあったらしく。
久しぶりに作ろうと蒸かし釜を探してみたところ…。
戸棚の奥に仕舞われていた蒸かし釜には小さな穴が出来てしまっていました。

長年使い続けていたらしく、どうやら限界が来たようです。

お母さんは一度「作る!」と決めると絶対に諦めない人なので。
私と恋人で朝早くから蒸かし釜を買いに行く事になりました。

その時の一緒にもち米やあずきの水煮なども購入したのですが。
朝早くだった事もあり、私はかなりぼーっとしていたのだと思います。

蒸かし釜では無く圧力鍋を購入し、家に帰宅する事になりました。

もちろん頼まれた物を購入して来なかった為、返品する事になったのですが。

まったく寝ていない状況の恋人はとても不機嫌な状態でした(–;)
それでも何とか圧力鍋を購入したお店に行き、返品する事にしたのですが。

そこには蒸かし釜は売っていなかったのです。
何時間か後には他のお店も開店しだす頃だったので、一度帰宅し開店の時間まで待つ事になりました。

開店の時間まではまだ3時間程時間があり、私は少し仮眠を取る事にしました。
その間恋人はずっと起きていたそうなのですが…。
私が目覚めた時には既に夕方の5時になっていました。

隣を見ると買い物を済ませ恋人がすやすやと寝ているのを見て…。
「本当に申し訳無い」と思いながらももう一度二度寝する事にしました。
起きてからは美味しい赤飯を食べ、とても楽しい節句を過ごす事が出来ました♪

家で食べる御飯もおいしいですが、たまにはピクニックに出かけてみんなでご飯もいいですね。
週末は恋人とホンダステップワゴンスパーダで出かけてこようと思います。